みなさんは「失恋」したことがありますか?
素敵な恋をして、そうして両想いになり、でもすれ違って別れてしまった…
告白をしたけれど、想いが通じなかった…
いろんな失恋の仕方があるでしょう。

失恋すると誰もが少なからず心に傷を負うことになるでしょう。
そうして傷ついた心が失恋という痛みから立ち直る方法をちょっとだけご紹介しましょう。

【まずは痛みを噛み締めよう】
「失恋」は確かに傷つくことですが、ただひたすらに悲しみに沈むことでもありません。
自分にとってプラスになることも必ずあります。
まずは失恋という痛みを噛み締めて、たくさん泣いて、そしていろんなことを考えて、失恋からたくさんのことを吸収していきましょう。
そうすれば、自ずと心が立ち直る準備をします。

【未来を見る】
失恋は、酷な言い方をすれば「過去の出来事」です。
その痛みや苦しみを自分の糧にすることもなく、いつまでも引きずるというのは良いことではありません。
立ち直る一つのプロセスとして、未来を見るように心がけましょう。
「もっといい女になって、素敵な恋人を見つけるんだ!」といったように、自分を勇気づけるようなやり方もいい方法でしょう。

このように、失恋から立ち直る方法はたくさんあります。
今回の例はほんの一部です。

もしも失恋という大きな痛みに出会ったとしても、それは自分が成長するためのものだと受け止めましょう。

失恋の痛みは、いつか必ず感謝できる日がきます。決してつらいだけではないことを、心に留めておきましょう。